12月12日の豆知識 『ちびくろサンボ』は絶版されていた!?|知恵の雫

“知恵の雫”とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。

12月12日の豆知識

ちびくろサンボ

“知恵の雫”では、日常に溢れている豆知識(雑学)を、毎日1件づつ紹介しています。
その日に起きた出来事や記念日、誕生日などに関連した豆知識(雑学)を紹介してします。
スピーチや朝礼ネタ、会話のネタにもお使い頂ければと思います。

◆◆楽天スポンサーリンク Travel





今日(12月12日)の豆知識 ちびくろサンボについてです。

今日12月12日は、1988年に岩波書店が絵本『ちびくろサンボ』を絶版とした日です。

『ちびくろサンボ』は、高度成長期に幼少時代を過ごした人たちには、童話絵本として懐かしいでしょう。
実は、この本は日本中で絶版扱いとなり、長い間書店から姿を消していたのです。
絶版は、出版社の自主的な判断で行われたものです。

スポンサーリンク


絶版の理由は、『黒人蔑視している』という事で、人種差別問題の煽りを受けたものでした。
内容をご存知の方は、何故?って感じですが、見る方によってはそうなるのでしょうか?


1988年頃は、人種差別問題に敏感で、過剰な反応をしていた時期なのかも知れません。
カルピスのマークが変更されたのも、1990年です。
それにしても、絶版扱いは、行き過ぎたのではないかと思えます。

『ちびくろサンボ』は、スコットランド人女性のヘレン・バンナーマンが、インドに滞在している時に、自分の子供たちのために書いた手作りの絵本でした。
主人公のサンボは、インド人の子供で舞台もインドです。
ですので、ライオンではなくトラが出てくるのです。


“サンボ”という名前も差別用語に挙げる方もいるようです。
その後、知人を通してイギリスの出版社に紹介され、1899年に英国のグラント・リチャーズ社より初版が刊行されたのでした。
子供の手に収まる小さな絵本で、文も絵もヘレン・バンナーマン自身によるものです。

スポンサーリンク


日本で出版されたものは、アメリカのマクミラン社より出版されたものが元となっていて、原版とは異なりアメリカナイズされたものを、更に日本的にアレンジが施されました。

アメリカナイズ
サンボが遊びに出掛ける竹藪が森(ジャングル)になっている。
母マンボが、ふくよかな体系になっている。

日本的にアレンジ
サンボのズボンが半ズボンになっている。
人物の顔が、日本人っぽい。
母マンボはサリーを着用。

2008年(平成20年)6月には、径書房が岩波版『ちびくろ・さんぼ』のもとになった、アメリカ版原書を忠実に再現した『ちびくろサンボ』を出版し、復刻がなされました。

人種差別は良くない事ですが、腫れ物に触るような姿勢もどうかと思います。
『ちびくろサンボ』が、復刻されたのは何よりです。

関連記事リンク





スポンサーリンク

YouTube



スポンサーリンク




◇◇おまけ◇◇





◇◇おまけ◇◇

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
“心の常備薬”では、『日捲り名言集』をお届けしています。

世界の偉人たちは、数々の言葉を残しています。
それは、時に人の心を動かし、延いては人生さえ変えてしまう、大きな力を持つ偉人の名言。
日捲り名言集では、”今日の名言””世界の偉人5人””+1”の”名言・格言”を集めて、毎日各自一語づつご紹介致しています。
一つでも、あなたの心に響いたなら幸いです。 人生常に勉強です。
世界の偉人たちは、それを実行し、後世の私たち に、名言として伝えてくれています。
外国の偉人の名言には、英文も併記しています。
スピーチ・朝礼ネタ、会話ネタにも、お役立ちできるものと思います。
ぜひご利用ください。
◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆

◆二十四節気・七十二候

◆12月12日=誕生日

1863年 – エドヴァルド・ムンク、画家

1903年 – 小津安二郎、映画監督

1915年 – フランク・シナトラ、歌手

1927年 – ロバート・ノイス、インテル設立者

1944年 – 舟木一夫、歌手

1984年 – 平愛梨、女優

◆12月12日=忌日

1481年(文明13年11月21日) – 一休宗純、室町時代の禅僧


1867年(慶応3年11月17日) – 中岡慎太郎、幕末の志士


スポンサーリンク

◆12月12日=記念日

・漢字の日
「いい(1)じ(2)いち(1)じ(2)」(いい字一字)の語呂合わせから、日本漢字能力検定協会が1995年に制定。
毎年その年の世相を象徴する「今年を表現する漢字(今年の漢字)」を全国から募集し、この日に京都市の清水寺で発表している。




◆12月12日=出来事

1913年 – 1911年にルーヴル美術館から盗まれて以来行方不明になっていた『モナ・リザ』がフィレンツェで発見される。

1936年 – 張学良・楊虎城配下の部隊が西安滞在中の蒋介石を拘束、国共合作と抗日を要求。

1945年 – GHQが、『忠臣蔵』などの仇討ち・心中物の芝居の上演禁止を指令。

1985年- 宮城県スポーツセンターでのIWGPタッグリーグ戦優勝戦を首位のブルーザー・ブロディ&ジミー・スヌーカがボイコット。
繰上げで藤波辰爾&木村健悟vsアントニオ猪木&坂口征二戦で藤波が飛龍原爆固めで猪木を初フォールする。

2000年 – 都営地下鉄大江戸線が全線開通。

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
よろしければ、旅先を紹介するブログClickTravelもお楽しみください。
◇メディアで見つけたお気に入りの観光地、宿や土産、工芸品そして料理など、フッと旅行に出掛けたくなるものを紹介するブログ。
◇大仏巡り・橋巡り・ご当地歌碑も特集しています。

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆

Google AdSense

関連記事

10月14日の豆知識 『刑務所、拘置所、留置所』の違いは!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 10月14日の豆

記事を読む

11月17日の豆知識 将棋の駒『左馬』の意味!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 11月17日の豆

記事を読む

12月23日の豆知識 『ヘンゼルとグレーテル』は子捨ての話!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 12月23日の豆

記事を読む

8月3日の豆知識 『ハチミツ』は腐るのか!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 8月3日の豆知識

記事を読む

10月15日の豆知識 『きのこの日』きのこは植物?動物?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 10月15日の豆

記事を読む

3月16日の豆知識 愛知の芸能界への登竜門だった『中学生日記』|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 3月16日の豆知識 中

記事を読む

10月7日の豆知識 『選挙カー』オープンカーNG!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 10月7日の豆知

記事を読む

10月20日の豆知識 まだまだ多い!【安全日】の誤解|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 10月20日の豆

記事を読む

11月14日の豆知識 SOSは略語ではなく単なる記号である!!|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 11月14日の豆

記事を読む

2月6日の豆知識 スポーツ選手を襲った飛行機事故|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 2月6日の豆知識 飛行

記事を読む

Google AdSense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google AdSense

1月19日の豆知識 『江戸川乱歩』の名前の由来!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひ

1月18日の豆知識 『この広い野原いっぱい』はラブレター!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひ

1月17日の豆知識 『さよならの向こう側』歌詞が変!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひ

1月16日の豆知識 『禁酒法』実はザル法だった!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひ

1月15日の豆知識 『横浜マリンタワー』世界一の灯台だった!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑