6月7日の豆知識 東京に『スピードウェイ』があった!?|知恵の雫

“知恵の雫”とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。

6月7日の豆知識

多摩川スピードウェイ

“知恵の雫”では、日常に溢れている豆知識(雑学)を、毎日1件づつ紹介しています。
その日に起きた出来事や記念日、誕生日などに関連した豆知識(雑学)を紹介してします。
スピーチや朝礼ネタ、会話のネタにもお使い頂ければと思います。

今日(6月7日)の豆知識 多摩川スピードウェイについてです。

今日6月7日は、1936年に多摩川スピードウェイにて第1回全国自動車競走大会が開催さらた日です。

多摩川スピードウェイ???ですよね。

多摩川隠し絵

そうなんです。
東京にも、レーシング・コースがあって自動車レースが開催されていたんです!!
驚きですよね。

スポンサーリンク

多摩川スピードウェイ
1936年5月9日に開業から1940年代後半まで、運営されていました。
上では東京と書きましたが正確には、神奈川県川崎市中原区の多摩川河川敷です。
日本初の常設サーキットで「オリンピアスピードウェイ」とも呼ばれていたそうです。
インディーやディトナみたいにオーバルコースでのレースをしていたんです。
多摩川河川敷のどこにあったかというと、東急東横線の多摩川橋梁北側付近で、現在も堤防の土手を利用した観客席にその痕跡を見て取れます。

tamasw01

1910年代から日本国内でも富裕層や外国人により自動車によるレースが行われるようになったのですが、当時の日本にはまだ、常設サーキットが無いために目黒競馬場や代々木練兵場、立川飛行場で開催するなど開催場所の確保に苦労していた。

11-21_5

このような状況を打開するため、アメリカでモータースポーツ活動を行っていた藤本軍次がパーマネントサーキットの開場を企画し、報知新聞社とともに「日本スピードウェイ協会」を設立しサーキット用地の確保に奔走した。
その後東京横浜電鉄が土地を提供するとともに、同社が総工費10万円のうち7万円を出資した。
さらに三菱グループの株主の飯田正美が3万円を寄付し、日本及びアジア初のパーマネントサーキットとして、1936年5月9日に開業したのでした。

lif1511170014-p2

多摩川スピードウェイは、常設のオーバルコースで一周1,200mのダートコースでした。
オープニングレースともいえる第1回全国自動車競走大会には、1万人もの観客を集めました。

その大会には、当時横浜市にある工場で生産されていたフォードや、ブガッティやベントレー、インヴェィクタやハップモビルなどの様々な外国車や、カーチスの航空機エンジンを搭載した改造車、日産自動車などの日本の大手自動車会社もワークス体制を組んで参戦した。

スポンサーリンク


そして、後に本田技研工業を設立する、本田宗一郎が弟と自作(フォードを改造)した「浜松号」で参戦し、最後の1周までトップを走行していたが、故障車を避けようとして横転。
リタイヤにも関わらず、平均時速120kmの記録が評価され表彰を受けている。

img_2

戦後も、多摩川スピードウェイは一部の愛好家が利用していましたが、騒音問題や開発計画などで自然消滅した。

1962年、第1回全国自動車競走大会にも出走した本田宗一郎が三重県鈴鹿市に鈴鹿サーキットをオープン。
それまでの間は日本国内に自動車が使用できるサーキットは無かった。

img_3

多摩川スピードウェイ跡地は、日本ハム球団多摩川グランドとして利用された後に、川崎市が市民用の野球場に改築されている。

151120_tamagawa_520

スポンサーリンク

423ffe3c8683fad41edb121e8beac267

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
“心の常備薬”では、『日捲り名言集』をお届けしています。

世界の偉人たちは、数々の言葉を残しています。
それは、時に人の心を動かし、延いては人生さえ変えてしまう、大きな力を持つ偉人の名言。
日捲り名言集では、”今日の名言””世界の偉人5人””+1”の”名言・格言”を集めて、毎日各自一語づつご紹介致しています。
一つでも、あなたの心に響いたなら幸いです。 人生常に勉強です。
世界の偉人たちは、それを実行し、後世の私たち に、名言として伝えてくれています。
外国の偉人の名言には、英文も併記しています。
スピーチ・朝礼ネタ、会話ネタにも、お役立ちできるものと思います。
ぜひご利用ください。
◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆

◆二十四節気・七十二候

◆6月7日=出来事

923年(延長元年閏4月20日) – 903年に大宰府で亡くなった菅原道真を右大臣に復し正二位を贈る。

1576年(天正4年5月11日) – 安土城天守閣が完成。

1893年 – マハトマ・ガンディーが最初の市民的不服従を行う。

1913年 – 北米大陸最高峰のマッキンリーに、アメリカの宣教師のスタックらが初登頂。

1926年 – スペインの建築家、アントニ・ガウディが路面電車に轢かれる。3日後に死亡。

1936年 – 多摩川スピードウェイにて第1回全国自動車競走大会が開催。

1982年 – エルヴィス・プレスリーの自宅「グレイスランド」の一般公開が始まる。

1986年 – 広島東洋カープの衣笠祥雄が日本プロ野球史上初の2,000試合連続出場を達成。

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
よろしければ、旅先を紹介するブログClickTravelもお楽しみください。
◇メディアで見つけたお気に入りの観光地、宿や土産、工芸品そして料理など、フッと旅行に出掛けたくなるものを紹介するブログ。
◇大仏巡り・橋巡り・ご当地歌碑も特集しています。

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆





Google AdSense

関連記事

10月13日の豆知識 世界初の全身麻酔手術に成功したのは日本人だった。|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 10月13日の豆

記事を読む

12月9日の豆知識 柔道『黒帯』より強い帯がある!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 12月9日の豆知

記事を読む

7月8日の豆知識 二日酔い限界酒量|知恵の雫

"知恵の雫"では、日常に溢れている豆知識を、毎日1件づつ紹介しています。   今日

記事を読む

7月20日の豆知識 『十三里』って何の事?|知恵の雫

"知恵の雫"では、日常に溢れている豆知識を、毎日1件づつ紹介しています。 7月20日の豆知識 『

記事を読む

7月19日の豆知識 八宝菜の八宝って何?|知恵の雫

"知恵の雫"では、日常に溢れている豆知識を、毎日1件づつ紹介しています。 7月19日の豆知識 中

記事を読む

6月14日の豆知識 『五輪のマーク』にはモデルがあった!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 6月14日の豆知

記事を読む

7月21日の豆知識 鯖の押し寿司を何故「バッテラ」と呼ぶの?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 7月21日の豆知

記事を読む

1月23日の豆知識 八甲田雪中行軍遭難事故には生存者がいた!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 1月23日の豆知識 八

記事を読む

8月2日の豆知識 一桁しかいない『金メダリスト』日本陸上!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 8月2日の豆知識

記事を読む

11月21日の豆知識 『国友一貫斎』江戸時代の発明王!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 11月21日の豆

記事を読む

Google AdSense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google AdSense

1月19日の豆知識 『江戸川乱歩』の名前の由来!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひ

1月18日の豆知識 『この広い野原いっぱい』はラブレター!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひ

1月17日の豆知識 『さよならの向こう側』歌詞が変!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひ

1月16日の豆知識 『禁酒法』実はザル法だった!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひ

1月15日の豆知識 『横浜マリンタワー』世界一の灯台だった!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑