5月25日の豆知識 『コマーシャルソング』の草分けは平賀源内!?|知恵の雫

“知恵の雫”とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。

5月25日の豆知識

コマーシャルソング

“知恵の雫”では、日常に溢れている豆知識(雑学)を、毎日1件づつ紹介しています。
その日に起きた出来事や記念日、誕生日などに関連した豆知識(雑学)を紹介してします。
スピーチや朝礼ネタ、会話のネタにもお使い頂ければと思います。

今日(5月25日)の豆知識 コマーシャルソングについてです。

今日5月25日は、1957年にそごう東京店(有楽町そごう)が開店した日です。
コマーシャルソング(キャンペーンソング)の「有楽町で逢いましょう」が流行しました。

スポンサーリンク

コマーシャルソングの歴史を見てみましょう。
日本で初めてのコマーシャルソングは、1769年江戸時代中期だとされています。
かの平賀源内が作詞作曲した歯磨き粉『漱石膏』の宣伝曲とのことです。

その後、明治期から戦前までに『オイチニの薬屋さん』、たばこ販売CMソング、狐ヶ崎遊園地PRソング『ちゃっきり節』など多くのコマーシャルソングが作られました。
『ちゃっきり節』北原白秋作詞、町田嘉章作曲は、その後も歌い継がれ、静岡県の民謡として定着しています。


戦後は、民間ラジオ放送が始まり、コマーシャルソング文化が開花しました。
9月7日が「CMソングの日」とされています。
日本初のCMソングの定説とされる『僕はアマチュアカメラマン』(作詞・作曲:三木鶏郎;小西六写真工業)が初オンエアされた日(1951年)ということに基づいています。
・9月3日に『ペンギンの歌』(作詞:重園よし雄・作曲:平岡照章;塩野義製薬)
・9月1日のコマーシャル第1号となる精工舎のCMでも、時報メロディが電波に乗った。
などコマーシャルソングの初オンエアには疑問が投げかけられています。

1953年(昭和28年)8月28日、民間テレビ放送が開始。
(当時は「シンギング・コマーシャル」とも呼ばれていた。)
『ミツワ石鹸テーマソング』に代表される企業名・商品名を連呼するタイプが続出しました。
そして、1957年(昭和32年)8月28日『有楽町で逢いましょう』(歌:フランク永井)が発売。
「有楽町で逢いましょう」という言葉も流行語となりました。

1959年(昭和34年)4月の皇太子成婚を機に、テレビが急速に普及。
東京オリンピック1964年(昭和39年)10月10日もあり、高度成長期となり、新製品ラッシュに沸きかえりました。
コマーシャルソングもそれに合わせ街中に流されました。
・明るいナショナル(三木鶏郎合唱団;Panasonic)
・光る東芝の歌(ダークダックス;東芝)
・かっぱの唄(楠トシエ;黄桜酒造)
・キンカンの唄(雪村いずみ、ダークダックス;金冠堂「キンカン」)
・長生きチョンパ(楠トシエとフォー・コインズ ; 船橋ヘルスセンター)
・ライオネスコーヒーキャンディー(篠崎製菓)
・セクシー・ピンクの歌(キスミー)
・チクレ・モリナガ(トリオ・ロス・パンチョス;森永製菓)
今も、耳に残っている方がいらっしゃるのではないでしょうか?

1960年代後期になりコマーシャルソングに新たな風が流れてきます。
1967年(昭和42年)4月、レナウンの『イエイエ』(作曲:小林亜星)
『世界は二人のために』(佐良直美)明治製菓「アルファチョコレート」
1970年(昭和45年)には、公害問題などを踏まえた商品宣伝を一切しないCMも登場
1972年(昭和47年)、フォーク界から吉田拓郎が『Have A Nice Day』(富士フイルム)
1973年(昭和48年)には、ロック界から大瀧詠一(元・はっぴいえんど)が『Cider ’73』(三ツ矢サイダー)
1974年(昭和49年)、サミー・デイヴィスJr.本人出演によるスキャットのCM(サントリーホワイト)が、カンヌ国際広告祭グランプリを受賞

・マンダム~男の世界~(ジェリー・ウォレス;マンダム)
・ケンとメリー~愛と風のように~(BUZZ;日産自動車「スカイライン」)
・家をつくるなら(加藤和彦;ナショナル住宅(現・パナホーム))
・ガンバラナクチャ(中外製薬「新グロモント」)
・ふりむかないで(ハニー・ナイツ;ライオン「エメロン」)
・日立の樹(日立製作所)
コマーシャルソングの枠を越え一つの世界観を持つものが多かった。

1970年代半ばに入り、楽曲とCMとのコラボが始まり、ヒット曲の多くがコマーシャルソングから生まれました。
・ソクラテスの唄(野坂昭如;「サントリーゴールド900」)
・愛のメモリー(松崎しげる;江崎グリコ「アーモンドチョコレート」)
・UFO(ピンク・レディー;日清食品「UFO」)
・時間よ止まれ(矢沢永吉;資生堂)
・君のひとみは10000ボルト(堀内孝雄;資生堂)
・Mr.サマータイム(サーカス;カネボウ)
・夢想花(円広志;日本航空)
・季節の中で(松山千春;江崎グリコ「アーモンドチョコレート」)
・HERO(ヒーローになる時、それは今)(甲斐バンド;セイコー)
・いい日旅立ち(山口百恵;国鉄「いい日旅立ち」)
・魅せられて(ジュディ・オング;ワコール)
・異邦人(久保田早紀;三洋電機「シルクロード」)
・微笑の法則(柳ジョージ&レイニーウッド;資生堂)

1980年代になっても流れは止まらずコマーシャルソングがヒットした。
・君に、胸キュン。(イエロー・マジック・オーケストラ;カネボウ)
・ワインレッドの心(安全地帯;サントリー赤玉パンチ)
・ふたりの愛ランド(石川優子とチャゲ;日本航空・JAL沖縄キャンペーン)
・SWEET MEMORIES(松田聖子;サントリービール)
・そして僕は途方に暮れる(大沢誉志幸;日清食品「カップヌードル」)
・熱き心に(小林旭;味の素ゼネラルフーヅ)
・しあわせって何だっけ(明石家さんま;キッコーマン)
・I feel Coke(佐藤竹善;日本コカ・コーラ「コカ・コーラ」)
・あなたを・もっと・知りたくて(薬師丸ひろ子;NTT)
・クリスマス・イブ(山下達郎;JR東海「クリスマス・エクスプレス」)
・勇気のしるし(牛若丸三郎太;三共「リゲイン」)

1990年代に入り、CMと楽曲の結びつきがより強くなり、どちらも売れるものが作られてくる。
・ロマンスの神様(広瀬香美;アルペン)
・カーキン音頭~フリーター一代男~(河内家菊水丸;リクルート「フロムA to Z」)
・カローラIIにのって(小沢健二;トヨタ自動車「カローラII」)
・鉄骨娘(鷲尾いさ子と鉄骨娘;サントリー「鉄骨飲料」)
・ジン ジン ジングルベル(森高千里;サントリー「アイスジン」)
・パッ!とさいでりあ(小林亜星;新興産業)
・てりっこ(郷ひろみ;宝酒造「タカラ本みりん」)
・さらりとした梅酒(黒谷友香;チョーヤ梅酒)
・ウイスキーが、お好きでしょ(SAYURI〔石川さゆり〕;サントリークレスト12年)
・それがあなたのいいところ(ダイナミックス;サントリー「ダイナミック」)
・言葉にできない(小田和正;明治生命)
・innocent world(Mr.Children;日本コカ・コーラ「アクエリアス」)
・Synchronized Love(ジョー・リノイエ;武富士)

2000年代に入り、CM側が色濃くなり始める。
・ハナコアラの見直しマンボ(ハナコアラ;そんぽ24)
・も~ど~にでもして~(ぴちょんくん;ダイキン工業)
・タケモトピアノの歌(財津一郎&タケモット;タケモトピアノ)
・きのこの唄(きのこオールスターズ;ホクト)
・ガリガリ君のうた(ポカスカジャン;赤城乳業「ガリガリ君」)
・Dear WOMAN(SMAP;資生堂「TSUBAKIシャンプー」)
・たらこ・たらこ・たらこ(キグルミ;キユーピー「キユーピー あえるパスタソース たらこ」)
・お金は大事だよ(アキコ先生とよーく考え隊;アフラック)
・まねきねこダックの歌(たつやくんとマユミーヌ;アフラック)
・天使のはねセイバンの唄(佐藤弘道;セイバン「天使のはね」)

そんな時代を乗り越え今なお起用されている曲も多くあります。
・牛乳石鹸の歌(中原美紗緒;牛乳石鹸共進社)
・シャボン玉石けん(山崎夕起子)
・伊東に行くならハトヤ(ブラック・キャッツ;ハトヤホテル)
・チョコレートは明治(スリー・グレイセス;明治「明治ミルクチョコレート」)
・マルキン自転車(楠トシエ;丸金自転車)
・ブタブタコブタ(エースコック)
・カステラ1番電話は2番(文明堂)
・目覚め – ネスカフェ・ゴールドブレンドのテーマ
・積水ハウスの歌(積水ハウス)
・明治チェルシーの唄(シモンズ;明治「チェルシー」)
・初めての街で(西田佐知子;菊正宗酒造)
・日立の樹(ヒデ夕樹;日立グループ)
・いいもんだな故郷は(三橋美智也;明治「カール」)
・それにつけてもおやつはカール(千昌夫;明治「カール」)
・かに道楽(デューク・エイセス)
・スジャータ (めいらくグループ)
・サッポロ一番カップスター(のこいのこ;サンヨー食品)
・青雲のうた(森田公一→尾崎紀世彦→錦織健;日本香堂「青雲」)
・街は青春(両備グループ)
・富士サファリパーク(串田アキラ)
・私のお気に入り(JR東海「そうだ 京都、行こう。」)
・フレデリック・ショパン前奏曲作品28第7番イ長調(太田胃散)
・VC-3000のど飴(天童よしみ;ノーベル製菓)
・いすゞのトラック(KAZCO;いすゞ自動車)
・第一三共胃腸薬 – 小林亜星作曲

あなたは、何曲歌えますか?

スポンサーリンク

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
“心の常備薬”では、『日捲り名言集』をお届けしています。

世界の偉人たちは、数々の言葉を残しています。
それは、時に人の心を動かし、延いては人生さえ変えてしまう、大きな力を持つ偉人の名言。
日捲り名言集では、”今日の名言””世界の偉人5人””+1”の”名言・格言”を集めて、毎日各自一語づつご紹介致しています。
一つでも、あなたの心に響いたなら幸いです。 人生常に勉強です。
世界の偉人たちは、それを実行し、後世の私たち に、名言として伝えてくれています。
外国の偉人の名言には、英文も併記しています。
スピーチ・朝礼ネタ、会話ネタにも、お役立ちできるものと思います。
ぜひご利用ください。
◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆

◆二十四節気・七十二候

◆5月25日=忌日

1954年 – ロバート・キャパ、報道カメラマン

2002年 – 川上源一、実業家、ヤマハ発動機創業者

◆5月25日=出来事

1615年(慶長20年4月28日) – 大坂夏の陣が開戦。



1951年 – 内閣が「人名用漢字別表」を告示。人名用漢字92字を定める。

1961年 – アポロ計画: アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディが「10年以内に人間を月に到達させる」と声明。




1976年 – 新幹線の乗客数が10億人を突破。



スポンサーリンク


◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆
よろしければ、旅先を紹介するブログClickTravelもお楽しみください。
◇メディアで見つけたお気に入りの観光地、宿や土産、工芸品そして料理など、フッと旅行に出掛けたくなるものを紹介するブログ。
◇大仏巡り・橋巡り・ご当地歌碑も特集しています。

◆◆◆◆◆ブログ紹介◆◆◆◆◆





Google AdSense

関連記事

11月22日の豆知識 高野山の不思議 明智光秀の墓|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 11月22日の豆

記事を読む

9月12日の豆知識 『たぬきそば』ってどんな蕎麦|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 9月12日の豆知

記事を読む

8月24日の豆知識 世界初喋る車『プチェコ』って知ってますか?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 8月24日の豆知

記事を読む

6月9日の豆知識 『ドナルドダック』のプロフィール!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 6月9日の豆知識

記事を読む

2月27日の豆知識 日章旗は源平合戦の勝者源氏の旗印!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 2月27日の豆知識 日

記事を読む

7月16日の豆知識 『君は天然色』は兄妹愛と友情溢れる曲だった!!|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 7月16日の豆知

記事を読む

8月28日の豆知識 『トヨタ車』の車種名は”C”から始まっていた!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 8月28日の豆知

記事を読む

12月4日の豆知識 山形新幹線は新幹線ではない!?|知恵の雫

"知恵の雫"では、日常に溢れている豆知識を、毎日1件づつ紹介しています。 12月4日の豆知識 山

記事を読む

8月24日の豆知識 『ポテトチップス』は悪戯心から生み出された!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 8月24日の豆知

記事を読む

7月12日の豆知識 『ザ・ローリング・ストーンズ』名前の由来!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひと雫です。 7月12日の豆知

記事を読む

Google AdSense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Google AdSense

1月21日の豆知識 兄弟デュオ誕生は受講料節約だった!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひ

1月20日の豆知識 オードリー・ヘプバーンはスパイだった!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひ

1月19日の豆知識 『江戸川乱歩』の名前の由来!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひ

1月18日の豆知識 『この広い野原いっぱい』はラブレター!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひ

1月17日の豆知識 『さよならの向こう側』歌詞が変!?|知恵の雫

"知恵の雫"とは、日常に溢れている豆知識(雑学)が頭からこぼれ落ちるひ

→もっと見る

PAGE TOP ↑